よくある質問

児童募集について

資料(パンフレット・入試要項等)の請求はいつからすることができますか?
パンフレット・入試要項等につきましては、随時、請求ができます。
お電話、インターネットでのお取り寄せができます(無料)。
→資料請求のページへ
児童募集の日程はいつわかりますか?
Web上や学校説明会などで公開しています。
詳しくは入試要項のページで 最新情報をお確かめいただけます。
入学試験はどのようなことを行うのですか?
保護者と受験生に面接を行ったあと、受験生のみの試験があります。詳しくは入試説明会でご説明いたします。
最初の試験日程で合格できなかったときには、別の試験日程で再度受験できますか?
できます。なお再受験による有利不利はありません。
受験に当たって何か特別な準備は必要ですか?
保護者・受験生とも、特別な準備は一切必要ありません。日常の様子を見せていただきます。
早生まれですが、入学試験の際に不利なことはありませんか?
不利なことはありません。月齢を考慮して判定を行います。
親の職業や離婚歴などが合否に影響しますか?
保護者の学歴や職業、家族構成などが合否に影響することはありません。
面接は必ず両親で受けなければいけませんか?
父親、母親のいずれかの参加で構いません。受験生の日常の様子をご存知であれば、祖父母が面接を受けていだいても結構です。
出願に際し、紹介状や推薦状の必要はありますか?
必要ありません。
学校説明会や公開授業に参加していないと出願できませんか?
学校説明会等にご参加いただいていなくても、出願できます。合否への影響もありません。
募集児童の男女の比率は決まっていますか? またそれが合否に影響しますか?
初めから男女比を定め、それぞれの募集定員を設定することはしていません。したがって、性別による合否への影響はありません。
入学前・入学後に寄附金や入学予約金は必要ですか?
本校への寄附金や入学予約金は、入学前、入学後を問わず一切必要ありません。 また、児童在籍中も寄付金が本校から求められることは一切ありません。
施設設備費は毎年納付しなければいけないのでしょうか?
施設設備費は、入学時のみ納入していただくものです。
学校説明会や公開授業には1度しか参加できませんか?
参加回数に制限は設けておりません。何度でもご参加いただけます。また、お子様が受験年齢でなくても、参加は可能です。
就学時健康診断は山梨学院小学校で実施されるのですか?
住所地の市町村教育委員会が実施するもの(各公立小学校で実施される健診)を受けてください。入学決定後、本校から各市町村教育委員会に資料を請求します。

学校生活・教育について

制服(フォーマルウェア)は毎日着用ですか?
式典等では着用をお願いする場合がありますが、毎日の着用を義務付けることはしていません。学校生活での児童の服装については、児童の意思を尊重する観点、通学時の防犯上の観点から、ご家庭での判断をお願いしています。
靴やランドセル、体操服などには指定のものがありますか?
指定はありません。体操服、スポーツ館シューズなどは制服注文時に注文販売会を行っています。 ただし、これは小学1年生のサイズの品揃えが販売店に少ない状況を考慮したもので、必ず注文しなければいけないというものではありません。
土曜日も授業がありますか?
完全週5日制です。ただし、授業参観などの行事を土曜日に行う場合があります。
公立小学校より多い授業時数はどのように確保しているのですか?
月曜日から金曜日までの授業時間が公立小学校より長くなっています。
英語教育を行う上で、教員の中にネイティブスピーカーはいますか?
現在、複数のネイティブスピーカーが英語の授業を行っています。 すべての授業でネイティヴスピーカーと日本人教師によるティームティーチングを実施し、ランチや休み時間なども英語に触れることのできる環境を整えています。
英語教育は週にどれくらい行われますか?
1〜6年生すべての学年で週3時間、6年間で700時数を越える英語の授業を展開しています。また、放課後のトワイライトスクールでも、英語レッスンを複数開講しており、それらを利用すればさらに英語力を高めることができます。英語が得意な帰国子女の子ども達にも対応しています。
給食はアレルギーを持つ子どもに対応していますか?
給食施設には、専用の「アレルギー室」を設けて、安全なアレルギー物質除去食を提供しています。管理栄養士と保護者と連携しながら、お子さまに最適なメニューを考えるようにしています。

通学について

スクールバスはありますか?
大型バス3台とワンボックスカー1台をスクールバスとして運用しています。
通学以外にも、校外学習用の近隣の博物館やスポーツ施設、あるいは自然環境での体験的な学習を行うため、頻繁に活用しています。
詳しくは、通学についてのページをご覧ください。
通学時間が1時間以内など、制限がありますか?
通学時間や通学地域に制限はありません。実際に通学が可能な範囲であれば結構です。
電車を利用しての通学を考えています。学校と駅までの間は一人で歩くのですか?
通学エリアが広範囲で通学方法が多様なため、基本的には保護者の方々の指導管理をお願いし、本校でも登下校の安全指導を展開するという形をとっています。酒折駅からの通学路には毎日スタッフがおり、定点での安全確認を行っています。4月の年度当初は、教員が交通安全指導をおこないます。
実際に電車や公共バスを利用して通学している児童はいますか?
現在140名ほどの児童が、電車(中央本線・身延線)、公共バス(山梨交通・富士急行)を利用して通学しています。
現在、在校生はどのような地域から通っていますか?
在約半数が甲府市在住ですが、その他、広範囲のエリアから通学しています。
詳しくは、通学についてのページをご覧ください。

TSについて

申し込みをした講座は必ず受講できますか?
申込人数が募集定員を超えた講座については、抽選を行うことがあります。申し込みは在校生を優先します。
学期の途中や、学年が変わってから受講の申し込みができますか?
学期の途中でのお申し込みは可能です。ただし、講座の定員に達した場合は募集を見合わせることがあります。また、トワイライトスクールは1年間を区切りとして再募集をしています。
山梨学院小学校の児童は、必ず受講しなければいけないのですか?
トワイライトスクールの利用は任意です。
ほとんどの児童が毎日(週5日)利用しているのでしょうか?
選択されているコースは週1日から週5日まで人により様々で、受講している科目も児童の興味やご家庭の教育方針によって違います。
週1日コース……25%
週2日コース……29%
週3日コース……20%
週4日コース……8%
週5日コース……7%
※平成26年度実績
トワイライトスクールの料金はどんな仕組みですか?
週1日コースから週5日コースごとに利用料金を設定しています。
詳しくは、〈トワイライトスクール〉受講方法とコース・費用のページをご覧ください。

中学進学について

希望すれば、必ず山梨学院中学校に進学できるのですか?
山梨学院中学校の進学希望者には内部推薦入試が実施されます。 進学のためにはその入試に合格することが前提となります。
山梨学院中学校との小中連携はどのようになっていますか?
本校からの進学者については、英語の習得が進んでいるため、本校の進学者対象の特別な英語クラスが中学校で編成されています。また、内部進学者の入学金の免除も 行っています。日ごろから緊密に情報交換を行い、系列学校としての連携を図っています。
Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All rights reserved.