教育目標

自律(autonomy)、思考(consideration)、表現(expression)、共生(coexistence)

本校の教育目標は、自律(autonomy)、思考(consideration)、表現(expression)、共生(coexistence)です。 これらを基本として、基礎学力形成、異文化理解、社会認識、環境教育、感性の形成、身体教育、モラルの形成、メディア・リテラシー教育の8つのコンセプトを立てて、グローバルな学力を育成するカリキュラムを編成しています。

教育目標

自律(autonomy)

知的探究に満ちた心
自ら判断し、自ら行動していく力

思考(consideration)

生きるための基礎学力
多角的に物事を捉える力

表現(expression)

確かなコミュニケーション能力(日本語・英語)
感性豊かな表現力

共生(coexistence)

人間・自然とのつながりの意識化
他者とともに生きていく力

教育の8つのコンセプト

基礎学力形成

子どもたちそれぞれのペースを考えながらも、読書力、文章力、計算力を十二分に育成し、自ら学ぶ力の基礎をつくります。

異文化理解

グローバル化時代にふさわしいコミュニケーション能力を育成するために、おもに英語力を高めます。また、さまざまな異文化体験の場を用意します。

社会認識

社会・世界の成り立ちを立体的・歴史的に理解し、自らを振り返り、新しい一歩を踏み出す力を培います。

環境教育

自然界に関する理解を深めるために、さまざまな理科実験・野外実習を行い、知的好奇心をかきたてます。

感性の形成

すぐれた芸術・文芸にふれる歓び、自ら創作・演奏する歓びを感じることで、美的感性を高めます。

身体教育

自分の身体の仕組み、働き、いのちの営みを学びます。また、身体感覚を高めるとともに、人と協力することを学びます。

モラルの形成

人間が他者・自然との互恵的なつながりのなかで生きること、そして礼儀作法、フェアネス、気遣いなどがコミュニケーションの前提であることを学びます。

メディア・リテラシー教育

図書・DVDに加え、情報テクノロジーを活用し、メディアのもつ大きな力を理解するとともに、メディアを通じて考える力を養います。

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All rights reserved.