ALBUM 子どもたちの記録

数領域 -体積“ドミノチャレンジ”-
2019.09.10(火)
 5年生の子どもたちは体積の学習をしています。1㎤のブロックを実際に自分の手で触りながら大きさを感じ取りました。その後、工作用紙に展開図をかき120㎤の直方体を作りました。子どもたちは縦・横・高さの長さを何㎝にすれば120㎤の直方体ができるのかを考えながらの作業です。試行錯誤する中で子どもたちは、縦・横・高さの長さの積で体積が求められることを自分たちで発見することができました。さらに1㎤のブロックに何度も触れる中で、「ぼくの消しゴムは8㎤くらいかな」と体積というものの量感をつかむことができたようです。授業の終わりには120㎤の直方体を使ってドミノに挑戦して大盛りあがり。同じ120㎤でも底面の大きさを変えることで高さの違うドミノを作り、高さのあるドミノコースを作ることもできました。
Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All rights reserved.