校長あいさつ

 山梨学院小学校は2004年に誕生した新しい小学校です。初代校長の田中智志先生(現:東京大学大学院教授、本校教育顧問)をリーダーに、全国から集まった教員とともに理想的な教育環境を作り上げてきました。この小学校には、教育学者が理想とするこれからの時代のための最新の教育方法が息づいています。

 2010年に田中前校長からバトンを引き継いだ後も、不断のチャレンジを進めてきました。文部科学省研究開発学校としてこれまで二度の指定を受け、次代の教育のあり方を提言してきました。私立小学校としては、全国的に例のないことです。また、国際バカロレア(PYP)9年プログラムの候補校(系列幼稚園と共同実施)に日本で初めて指定されました。現在、国際バカロレアの正式な認定校になるための取組を進めています。

 今や日本は100歳時代を迎えています。加えて、私たちの生活のグローバル化やAI化は、すさまじいスピードで広がってきています。現在の子どもたちが大人になったときに、どのような風景の世界になっているのか、私には想像がつかないほどです。こうした時代において、学校教育のゴールは大学入試や就職で留まるのでなく、その先の長い人生を見据えたものであるべきです。

 初等教育で大切なことは、「学ぶことの喜び」を得ていくことです。人生のスタートの「学ぶことの喜び」は、生涯に渡って自律的に学び続ける土台になります。また、これから外部記憶装置に囲まれAI化が進んでくればくるほど、自らの頭で創造的に考える力が求められてきます。長い人生の中で幸福に生きていくためには、自己の言語的・芸術的な表現力、他者や異文化との良好な関係性といった、これまでの学校教育であまり注目されてこなかった力も重要となってくるでしょう。

 本校は、こうした未来の幸福のための基礎技能を子どもたちに身に付けさせるべく、「自律」「思考」「表現」「共生」を学校目標としています。学校目標をただの謳い文句でなく、すべての子どもたちがそれらを体得でき、真に人生に活かすことができるよう、これからも挑戦を続けていきます。

山内紀幸山梨学院小学校校長

山内紀幸(やまうち のりゆき)
博士(教育学)

山梨学院小学校校長
山梨学院中学校・高等学校校長
東京大学教育学部非常勤講師
東京大学大学院教育学研究科非常勤講師

<主な著作>
『教育思想事典 増補改訂版』(共著)勁草書房、2017年/『現代教育の争点・論点』(共著)一藝社、2015年/『教育課程論』(編著)一藝社、2013年/『学びを支える活動へ:存在論の深みから』(共著)東信堂、2010年/『グローバルな学びへ:協同と刷新の教育』(共著)東信堂、2008年

学校長 山内紀幸 スピーチ集

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All rights reserved.